FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ケニアレポート】毎週土曜日は何の日?
こんにちは。HANDSスタッフの上野です。

来年の2月からケニアプロジェクトの対象地が新たに2地域増えます。
その新しい地域の状況を把握し、健康問題や住民のニーズを調べるために、現地で基礎調査を実施してきました。
調査のため訪れたシェバラン村で、わたしが見た珍しい光景とは・・・

5


車で村の入り口まで行き、歩いて調査対象者の家まで向かっていると、同じ方向に牛や山羊が歩いて行くのを見かけました。
日頃から村には牛や山羊はいるのですが、その日に限って、出くわす家畜の数が異常に多く、また、水がどこからか流れてきており、道が水浸しになっていました。
不思議に思い、同行していたケニア人のインターン生に尋ねると、「今日はカウ・ディップがあるからね。」と言われました。

カウ・ディップ???

道の奥に広がる小高い丘を見上げると、牛や山羊などの家畜が多く集められており、細長い小屋の前には、牛が列を作ってその小屋に入っていくのが見えました。
せっかくなので、何がおこなわれているか、見学してきました。

▼丘の上に集められた家畜です
1

▼小屋に列をなして歩いて行く牛たち
2

小屋に近づいてみると、牛が水しぶきをたてて、泥水に飛び込み、水路を歩いていました。
なかなか飛び込まない牛は、飼い主に後ろから突き落とされていました。
泥水には、消毒液が含まれているらしく、

「こうやって定期的に家畜の皮膚を消毒しないと、熱が出て家畜が病気になってしまうんだよ。」

と調査に同行したインターンが話してくれました。

▼水路を歩く牛(濁流にもまれ無表情に見えます)
3

一方、山羊は自ら飛び込まないため、足をつかまれ、体を抱えられ、小屋の横から消毒液に投げ込まれます。

▼2人がかりで山羊の消毒にあたります
4
▼なんとも哀れな恰好です・・・
5


この日は、牛は800頭、山羊は1500頭集まったそうです。

消毒の値段は、一頭あたり、牛は10ケニアシリング(約13円 1ksh=1.3円)、羊は5シリング、山羊は3シリングとのこと。

ケニア人にとって家畜は大切な財産であり、お金をかけてでも、病気にならないようにケアされています。
また人の健康にとっても、家畜が媒介しての伝染病などから身をまもらねばなりません。

このカウ・ディップは毎週土曜日に行われるらしく、家畜にとっても、飼い主にとっても一大イベントだと感じました。

(ケニア事業調査担当:上野)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。