FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パプアニューギニア ~モバイルクリニック 屋根がない~
Apinun!(こんにちは!)
パプアニューギニア事業プロジェクト・マネジャーの寺田です。
今日のエンガも最高の景色ですよ!

先日からお伝えしています、モバイルクリニックという
パプアニューギニアの移動式医療サービス。
今日は、澄みきった青空の下、屋根のないクリニックの様子をお伝えします。
1_201410071437298f6.jpg
医療施設まで遠くて来られない人たちのために行われているモバイルクリニック。
行う場所のほとんどは、人々が集まりやすいマーケット。
屋根がないところが多いのです。

お天気の良い日は良いのですが、雨の日は…


今日の診療メンバーはヤイボス診療所の男性看護師さんたち。
危険な地域は、なるべく男性だけで行くそうです。
ということは、今日の地域は危険度が高いということ…
少し緊張です。。。

クリニックの目印は、ちょっとだけ日よけになるパラソルと壊れた車。
遠くから見るとこんな感じです。

2_2014100714373011a.jpg

ここで、予防接種、乳児健診、一般の診療を行います。
目隠しになるものがないので、産前健診は行っていないそうです。

3_20141007143732763.jpg

4_201410071437338c7.jpg

今日もたくさんの人々がクリニックに訪れていました。

5_201410071441284a4.jpg


この様に地域の人々の健康を守り続けるモバイルクリニックサービス。
産前健診までできるようになると、危険なお産になりそうな妊婦さんには
村ではなく、診療所で出産するようにすすめられるのですが
なかなか難しいところです。

でも、なかには住民の人たちが、クリニック用の建物を作ってくれた場所もあるそうです。
クリニックの大切さが地域の人々に伝わった証拠です!

医療サービスが人々のもとへ定期的に届くようにすることも活動の大きな目標ですが、
その地域に住む人たちが、自分たちの健康を自分たちの手でまもれるように
働きかけ、コツを伝えていくことも私たちは目指しています。

山の上の上の、そのまた上の村まで健康な生活を届けられるように、
活動を進めていきます。
この子たちの未来が健康なものであるために!

6_20141007144130866.jpg

これからも活動の進捗を、ブログや活動報告会でお知らせいたします。
応援していただけたら、嬉しいです。

次回は、村の人々が自分たちで作ったクリニックのようすをお伝えします。
そこに、すてきな出会いがありました!

それではまた。
Lukim yu gen long sampela taim!(またお会いしましょう!)

(プロジェクト・マネジャー 寺田美和)


●サポーター募集!●
パプアニューギニアの子どもたちの健康をまもるお母さんや女性が
元気に暮らすために、必要な医療サービスを受けられる社会の実現を
一緒にめざしませんか。

継続的にご支援いただける方を募集しています。
皆さまの毎月のご寄付が人びとの健康を支える大きな力になりますので
ぜひ応援をよろしくお願いいたします。

↓下記のページより、パプアニューギニアの欄からお申込ください
http://www.hands.or.jp/pagesj/09_2_donation.html


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。