FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カカオにまつわる『まめ知識』
こんにちは。ブラジルプロジェクト担当の勝山です。

突然ですが、このかわいいピンクのお花は何かわかりますか?
カカオの花ブログ

答えは
・・・・
・・・・
・・・・
カカオの花です!

一見すると、高山植物の花のようですよね。
この写真は、7月末、マニコレに出張に行った定森プロジェクトマネージャーが
マニコレに出張した際に撮影したものです。

3月に発生した水害による被害は、多くの人々を絶望させましたが、
それから5か月が経った今、この可愛らしい花の力強い生命力に感動し、
自分も身が引き締まる思いです。

今回はこのお花にちなんで当プロジェクトのアグロフォレストリーでも栽培している
「カカオ」
にまつわる「まめ知識」を皆さまにご紹介します。

カカオブログ 成熟
(カカオの木:水害前に撮影。熟したカカオは黄色い)  

木にぶら下がっているがカカオの果実です。
この黄色い果実の中にカカオの種子があり、一つの果実に50-100粒
入っていています。

カカオはご存知のとおりチョコレートやココアなどとして加工されるケースが有名ですよね。
ブラジルでは、カカオのままではカカオバターにしか使用できないため、
安価で取引されます。
適切な発酵プロセスを経たものは高級チョコレートの原料として高値で取引されるのです。

そのためプロジェクトサイトのマニコレ市でも農民対象にアグロフォレストリー農法に加え、
カカオの発酵技術指導を行いました。
発酵に使用されるのは、黄色い殻を外した後の果肉のついた種子です。
発酵の全工程は2週間程度かかりますが、10日間ほどで甘い香りがしてくるそうです。

発酵ブログ 
(発酵過程の一部: 7日間、24時間ごとに混ぜ合わせる。甘い香りがし始める頃)

また、カカオの種子の構成成分中50%前後が脂肪分で、この脂肪分がカカオバター
と呼ばれています。
カカオバターはハンドクリームやリップクリーム、石けんなどのほかにも座薬の基材
にも加工されているってご存知でしたか?

私は看護師ですが、座薬にもココアバターが使われていたとは知りませんでした。
ちなみにスキンケアなどで使われるカカオバターは、保湿効果のみならず、
皮膚の潤いや柔軟性、新陳代謝を促進する働きがあるといわれています。

スキンケアで使用した方々のネット上での感想によると、ちょっとお高めの
シアバターよりも効果がありそうな印象です。
パサつきを予防する目的でヘアーケアに使っている方もいました。
これは気になります・・・

冬は乾燥が激しく、夏は紫外線の影響で髪もお肌もダメージが気になるので
早速、材料を入手して試してみようと思います!

作成の手順や効果などについては、後日、みなさまにも報告しますね。

*クラウドファンディングサイト「READY FOR?」でも、復興のための活動資金を募っています。
https://readyfor.jp/projects/agroforestry
皆様のご支援、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。