FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんのアイデアをケニアの活動に活かします(参加型イベント開催レポート)
5月21日、HANDSケニアプロジェクトチームによるイベントを開催しました。

■イベント報告■
  2014年5月21日(水) 18:30-20:30
 “誰かのために”わたしたちを突き動かすもの、
  ケニアの人たちから見える地域づくりの要

ケニアの農村(ケリチョー県)でおこなっている「保健ボランティアの人づくり・仕組みづくり」について、
2年半の活動からこれまで得られた良い結果、そして、いま見えてきた課題を共有し、
後半のグループワークでは、参加者の皆さまから、課題への対応策についてアイデアをたくさんいただきました。

20140521_01.jpg

イベントの詳細報告は、こちら↓↓



現地で活動をマネジメントする、プロジェクト・マネジャー交代の節目ということで、
今回は、2年間務めてきた黒川ふみと、1月から着任し一時帰国中の井出悦子の2人から、それぞれ見てきたこと感じたことをお話しました。

HANDSの職員は、9割が女性。
いま首都ナイロビの治安が非常に悪いケニアに赴任するプロマネも、国内担当も含めてみな女性。
今日はみんな、民族布「カンガ」をつかった衣装をまとい、ばっちりキメてました


20140521_02.jpg

●第1部
まず黒川からは、ケニアの保健医療の状況や、ケリチョー県でおこなってきた「保健ボランティア」の仕組みについて紹介。

国全体で医療人材と施設が不足するなか、農村では、政府も医師自身も、
「予防に勝るものなし」として、保健ボランティアに期待をかけていること。

そうでありながら、予算は割り当てず、外国などの援助機関に頼ったシステムであり、
HANDSは、たとえ欧米の援助団体が報酬を支払ったとしても、
「サステイナビリティ(=持続可能性。HANDSが去ったあとでも活動が続くこと)」を最重要視して、住民との合言葉にもして、無償ボランティアの仕組みにこだわってきたこと。
それゆえに、難しさを感じてきた経験が話されました。

それでも、住民から選ばれたボランティアたちの“やる気”と地道な努力が実を結び、
 ●住民の妊娠中の危険なしるしに関する知識
 ●自宅出産にリスクがあるという知識
 ●飲料水を衛生的に処理する行動
 ●自宅へのトイレの設置

などの割合が増えた(活動前後で、同じ住民に知識・行動調査を実施しました)という、嬉しい変化を報告しました。

20140521_03.jpg

続いて、現在のプロジェクトマネジャーである井出悦子からは、
ケニア政府の新しい方針で、保健ボランティアの正式名称「コミュニティ・ヘルス・ワーカー」が「コミュニティ・ヘルス・ボランティア」に変わり、さらに住民のボランティア精神に頼る方向にかじ取りがされたこと。

そのため、「これはかなり無理のあるシステムだ」と最初から思いつつも、
しかし、農村の子どもたちや住民が健康に生きられる方法を考えれば、地域の保健ボランティアが活躍する仕組みづくりから逃げられないと、熱い思いが語られました。

20140521_4.png


そんな井出の現在の悩み・・・、この先も保健ボランティアの「無償で献身」に頼らざるを得ない状況で、どんな動機や仕組みが、その実現につながりそうか、アイデアがほしい・・・

ということから、後半は、参加者の皆さんとグループワークへ。

と、その前に、ケニアチームから参加者の皆さまへおもてなし。


20140521_5.png


●第2部 グループワーク

10代~70代まで、学生も社会人も医療者も、幅広く集まった参加者の皆さんのボランティア体験から、
「何が動機でボランティアは続くのか」、「どんな仕組みをつくったら、やる気は続くのか」をテーマに、アイデアを出し合いました。

20140521_6.png

気になるアイデアは・・・「保健ボランティアの日をつくる」「家族で敬う仕組みをつくる」「顔写真をヘルスセンターに張り出す」「ひとりひとり、得意な部分を引き立てて評価する」などなど、すぐに実践できそうなものから、スケールの大きなものまで、出てきました。

これらの案は、また来週からケニアに発つ井出が持っていき、現地スタッフ&関係者と相談しながら、採用された案については、随時、またこちらのブログでご報告します。
続きをどうぞ、お楽しみに。

足元の悪いなか、ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。