FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わが子の待機児童化
オペレーション部の樋口です。

ハンズは母子保健事業を扱っている団体のためか、
子育てをしながら働くママ職員が少なくありません。

わが家にも4歳と1歳の子ども(女の子)がいるのですが、
先週、次女の認可保育園・不承諾通知書が届きました。
そう、次女の待機児童化です(泣)。

わが家は、前年度も認可保育園の選考に通らず、
1年近く長女(認可保育園)と次女(無認可保育園)の
二か所の保育園への送り迎えをこなしてきました。
しかも次女の保育園は、、、

一駅先です。

通常、自宅から職場までは片道1時間程度ですが、
二人を保育園に預けると2時間近くかかってしまいます。

今年こそは!!と意気込み、第8希望まで書いて申し込んだにもかかわらず、
どの園にも通りませんでした。

不承諾通知を手に、もう1年この送迎を続けるのね…
ヒュルリララ~と目の前が真っ暗になったのは言うまでもありません。

ためしに調べてみたら、私が住んでいる区では、
4月から1900人も認可外保育園へ通うお子さんたちがいるようです。
わが家のみならず、保育園問題でご苦労されているご家庭が
たくさんおられるということでしょう。

次女を抱えて、猛ダッシュで駅の階段を駆け上っている時、
小さな赤ちゃんを前に抱き出勤されているスーツ姿のお父さんによく会います。
子どもを抱っこひもで抱いて、片手に子どものお着替えと思わしき荷物、
片手にご自身のお荷物を持ち、満員電車に乗られるのです。

ハンズはさまざまな活動地で、現地の人びとが主役になって行う
保健のしくみづくりと人材育成を支援しています。

ですが、自分の住む地域を見直してみた時、
育児と仕事を両立できる「しくみづくり」もまだまだ不足しているのですよね。

待機児童問題で苦労されているお父さん、お母さんの苦労が、
一刻も早く解消されることを願わずにはいられません。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。