FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
栄養知識と日本の発酵技術でケニアの人々を元気に!
こんにちは。
ケニア事業担当の寺田です。

まだまだ寒い日が続きますが、
我が家の庭には梅やオオイヌノフグリの花が咲き始めました。
春はすぐそこまで来ているようですね。

さて、HANDSは2月から、お醤油で有名なキッコーマン社はじめ4社協働で
栄養改善につながるBOPビジネスの可能性を探る調査を始めました。

今日はそのご報告をさせていただきます。

何にチャレンジするかと言うと、
現地の穀物と日本の発酵技術をつかったお粥、その名も『AMAGAYU』づくりです。
イメージは、甘酒のようなものですが、お酒ではありませんよ。。。


17_DSCN0622.jpg



甘酒には、ブドウ糖やビタミン類、必須アミノ酸も多く含まれ、
飲む点滴」と呼ばれていることをご存じですか?
江戸時代には、夏に売られ、夏バテ防止に役立てられていたなんて話もあります。
ひなまつりによく飲みますよね!

今回は、子どもたちや授乳中のお母さんたちに食してもらうものなので
甘粥(Amagayu)」と名づけました。



・甘粥がケニアの穀物でつくれるのか?

・それは、ケニアの人々のお口にあうのか?

・それは、ほんとうにからだにいいのか?

・それが「からだにいい」ということが伝わったあと、ケニアの人たちがつくってくださるのか?

・それを買ってくださるかたがいて、地元の人たちの収入につながるのか?

などを、HANDSの活動地の方々の協力を得て、1年半かけて一緒に調べていきます。


このアイディアには、麹菌づくりに力を注いで来られたある社員の方の
「日本の伝統的な技術でアフリカの人々に健康になってほしい!」という
ステキな想いと熱意がつまっています。

ケニアの人々の健康状態がよくなるのなら!
と、私たちも調査に協力させていただくことにいたしました。

健康に暮らすためのコツを伝え、それを実践してもらうこと。
ケニアの人たちが自分たちのちからを発揮して健康な生活をおくること。

これはまさに私たちが、これまでの活動をとおして実現したいと思っていたことと同じです。

私たちは、同時に
ケニアの人たちに栄養についてもっと知ってもらうための活動もさらに発展させていきたいと思っています。

ケニアのお母さんたちが、
もっともっと子どもたちに栄養価の高いものを食べさせたいって思ってくれるといいなあ・・・

ケニアでの保健ボランティア組織づくりの活動はこちら↓
http://www.hands.or.jp/pagesj/05_act_develop/kenya.html


さてさて、そんなお仕事をとおして、私の発酵食品への興味がぐぐん!と上昇。

色々な本を読んでみましたが、
ある発酵料理研究家のかたのお話によると、
こんな効能があるようです。

●免疫力がたかまる
●アンチエイジング効果!
●肥満予防と改善 
●デトックス効果
●アレルギー症状の改善
●生活習慣病の予防・改善

毎年この時期は鼻炎に悩まされ、
そして今年、アラ〇ォーの仲間入りをしてしまった私。。。
この効能は見逃せません!

ということで、発酵に関心が高まって、初めてのみそ造りにチャレンジ。
次回はその様子をお伝えしますね。

それではまた、コンゴイ!

≫関連新聞記事(日経新聞2014年2月9日)
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO66596780Y4A200C1TJC000/
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。