FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校保健教育
ケニアインターンのツルオカです。
今回は、"School Health Education "―学校での保健教育
についてご紹介いたします。

Kerichoのプロジェクトでは、5つのヘルスセンターを対象に
母乳育児推進のための活動を行っています。
2月には、コミュニティの代表やヘルスセンタースタッフに対して、
母乳育児に関するワークショップが開催されました。
ワークショップでは、ヘルスセンター、コミュニティグループごとに、
母乳育児推進のための活動が、彼ら自身で計画され、
現在はその実施期間となっています。
そのひとつ、Chepkemelヘルスセンターの活動計画の一環で、
若年層の妊娠問題と関連させた母乳育児の保健教育が
Cheptagum primary schoolにて、5月6日に実施されました。

学校に到着すると400人の生徒が"karibu! karibu!"(スワヒリ語で”ようこそ”の意)
と大合唱で迎えてくれました。
集まってきた子どもたち

その笑顔とパワーは、校庭にぱっと花を咲かせます。
ケニアの学校は、2歳から14歳までのこども達が、それぞれ年齢ごとに分かれたクラスに
通っており、日本でいう保育園と小・中学校全てが同じ敷地にあるという状況です。
先生に手をひかれて歩くこどもから、既にがっしりとして大人の風貌の男の子までが
同じ学校で過ごしています。

まず初めに、全校生徒に向けたお話です。
この会の主催者であるヘルスセンター・ナースのAchollaさんが、
歌を交えた楽しいお話で、こどもたちを惹きつけます。

「食事の前には何をしますか?」と彼女が問いかけると、
「手を洗いまーす。」とこどもたちが返します。
質問に答える生徒


「手を洗わないで食べるとどうなりますか?」との問いかけには、
「コレラ!」「チフス!」と、水や食べ物とともに口から感染する病名が飛び交います。
歯磨きや、身体や頭を洗うことなどの大切さが確認されました。

そして、11歳以上のこどもたちを対象に第二部が開催されました。
第二部は今回のイベントの目的である、若年層の妊娠問題と母乳育児に関する健康教育です。
どこからか、村の男性や、赤ちゃんを抱いたお母さんたちも集まってきました。
赤ちゃんも参加です♪
赤ちゃんも参加


コミュニティ―グループの代表、若者グループの代表それぞれから、
母乳育児についてのお話がありました。

なぜ母乳育児が必要か?
完全母乳とは?
完全母乳をするべき期間は?
お母さんが働いている間の授乳はどうするか?
お母さんがいないときに、小さな妹や弟の授乳をどうやって助けてあげるのか?
などなど。

話の内容はその都度、ひとつひとつ丁寧に聴衆の生徒達に確認されます。
Achollaさんは必ず、ポイントごとに生徒に問いかけ、ポイントをみなで反芻します。
理解の確認ができなければ、決して次の項目には進みません。
Achollaさんは「本当に理解してもらうことは容易ではないのよ」
と耳打ちしてくれました。

また、HANDS主催のワークショップで用いた、授乳に関するフリップも用いていました。
生徒がフリップを持ち、どの授乳の姿勢が赤ちゃんに最適かがみなで話し合われました。
パネルで発表


そして、もちろん妊娠についてのお話もありました。
ケニアでは10代での妊娠が多く、妊娠・出産のために学校をやめてしまう女子生徒がいることが
大きな問題となっています。

「妊娠は準備ができて望まれるときにするべきものです。ではどんな準備が必要ですか?」
と問いかけます。

「結婚をする」女子生徒が答えます。

「そうね。まず学校を卒業し、結婚したら妊娠をする。
結婚相手はその辺の誰でもいいわけじゃないのよ。
学校を卒業したような人で、ちゃんとご両親に挨拶に来てくれるような人と結婚するのよ!」
生徒たちから笑い声があがります。
そして、若年妊娠が女性の身体に及ぼす危険についても話されました。

最後に、HANDSスタッフより、
「なぜ母乳についてのお話が、まだ子どもを持っていないあなたたちに必要なのでしょうか?」という問いかけがありました。
「家族に伝える」
「小さな兄弟のため」
「自分たちが親になったら実行する」
などの意見がでました。

こどもたちの放つエネルギーは、計り知れません。
「みんなの将来のため」
という思いが共有され盛大な会の締めくくりとなりました。

(ケニア・インターン ツルオカ)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。