*All archives* |  *Admin*

2014/04
<<03 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「モノ」より「人」を (ブラジル緊急報告会レポート)
ワールドカップの開催まであと2ヵ月を切ったブラジル。

スタジアムやその周辺の道路の整備の遅れが目立ち、また治安状況改善のために
大都会リオのスラム街には軍隊までもが投入されたというニュースも。


HANDSのブラジルの活動地はこのような都市からは大きく離れたアマゾンの大自然の
中にあります。

しかし、ドラッグにおかされ、人びとが貧しく暮らす都市のスラムの問題は、
無関係ではありません。

このようなスラムに住む人びとの中には、地方で安定した生活を
送ることができずに、都市部に出てきた若者が少なくないからです。


地方でも一定の収入を得ることができ、若者が希望を見いだせる村を築いていく
ことが、このようなスラムの問題解決にも役立つと考え、HANDSはアマゾンの
中で活動を続けています。


しかし、そんな活動地のあるブラジル北西部が大変なことになっているのを
ご存知でしょうか・・・

続きを読む

スポンサーサイト
第5回HANDSボランティア・デーのご案内
今回は、HANDSを支援してくださっている会員や寄付者の方に向けた
会報の発送準備をお手伝いしてくださるボランティアを募集します。
書類のセットや宛名シール貼り、封入作業などどなたでもできる作業です。

作業後はスタッフやボランティアの方との懇親会もおこなう予定です。
みなさまのご参加お待ちしています!
ボランティアデーカバー


★このような方もぜひご参加ください★
「ボランティアに参加したい。」
「NGOってどんなことをしてるの?」
「国際協力に関心がある人と出会いたい。」

★HANDSについて★
HANDSは人材育成を中心に、人びとの健康を支える活動を
世界6カ国でおこなっています。
HP:http://www.hands.or.jp
より多くの人がより健康に生きることができるよう、ぜひあなたのチカラで
HANDSの活動を支えてください!

■開催概要■
日時:2014年4月24日(木)19:00 -20:30
場所:HANDS東京事務所1F(山の手ビル1F)
   東京都文京区本郷3-20-7 山の手ビル1F
アクセス:丸の内線・大江戸線「本郷三丁目」から徒歩6分
/JR「御茶ノ水」から徒歩10分
地図:http://www.hands.or.jp/pagesj/12_2_access.html

▼お申し込みは、下記をメールにてお送りください。
(申込み〆切:4月24日(木))

宛先:info@hands.or.jp

――HANDSボランティア・デー申込みフォーム――
■2014年4月24日(木) 19:00-20:30開催分■

●お名前:

●懇親会参加可否:以下いずれかをお選びください
 参加する・参加しない・未定
●ご所属:
●連絡先電話番号:
―――――――――――――――――――――――――

▼FBのイベントページでの参加表明だけでもお申込みいただけます。
https://www.facebook.com/events/1458340237735091/

※ボランティア・デーにお申し込みいただいた方は、HANDSからのイベントや
ボランティア情報などをメールにてお送りさせていただきます。

【問合せ先】
特定非営利活動法人HANDS (担当:内田)
TEL:03-5805-8565
Mail:info@hands.or.jp

―――――――前回の様子―――――――
4/11の「がんばっぺし!陸前高田--復興に向けた取り組みと国際協力のつながり-」
の運営をお手伝いいただきました!

▼陸前高田の物産販売のお手伝いの様子
ボラ_ブログ用2

たくさんの来場者の方の誘導や資料配付もお手伝いいただきました。
IMG_0583.jpg

ありがとうございました!
【イベントレポート】がんばっぺし!陸前高田-復興に向けた取り組みと国際協力のつながり-
4月11日(金)に
「がんばっぺし!陸前高田-復興に向けた取り組みと国際協力のつながり-」
を開催し、34名の方にご参加いただきました。

RIMG0704_convert_20140415154401 (2)

満員御礼となったため、残念ながら参加できなかった方のためにも当日の様子をご報告します。

今回は東北の人々と東京の人々を繋ぎ、被災地へ継続的に関心を持って
いただきたい!との思いから実施している東北復興支援イベントの第3回目。

ゲストには陸前高田市で中間支援を行っている”陸前高田まちづくり協働センター
より黄川田美和さん、
震災直後から陸前高田市へ入り、観光・商業面での支援を行う
一般社団法人ゑびすプロジェクト”より後藤勇一さん
をお迎えしました。


▼それぞれのトーク内容についてはこちら▼

続きを読む

【ブラジル・レポート】マデイラ川流域の水害①
みなさま、こんにちは。ブラジルプロジェクトの定森です。

現在プロジェクト対象地域では、マデイラ川が50年に一度という高い水位
(水位差19メートル弱)により、農産物が大きな影響を受けています。
また住民の生活上、衛生面や安全面、治安面でも懸念が大きくなっています。

農村部を回って確認できた、マデイラ川流域の水害の状況をご報告します。


思っていたよりも状況は深刻で、マニコレ市ではざっと見て、
農村住民の8割が避難していました。
ここから計算すると、約1万人が避難生活を送っている状況だと考えられます。

3_20140403171103177.jpg
↑水没した村の集会所。


また、農作物、特にバナナへの被害は甚大で、現在のマニコレ市の推計で、
バナナ約3百万本、カカオの若木25万本程度が枯死すると考えられています。


2_20140403171103c27.jpg
↑水没して枯れはじめているバナナ



しかし、そんな中でも、

続きを読む

ジブチ人はアフリカ人じゃない?
こんにちは。ジブチプロジェクトの溝上です。

プロジェクトでは同じく仏語圏アフリカで、様々な母子保健活動が行われてきた
モロッコとの連携を重視しています。
その一環で、3月上旬、JICA第三国研修「母子保健 フェーズ3」に
ジブチのカウンターパート2名(保健省母子保健局長、アリサビエ県病院長)と
参加してきました。

この研修は仏語圏アフリカ・カリブ諸国を対象に行われており、
今回は、意思決定者を対象に、母子保健戦略の検討や情報共有、
来年度以降の研修の活用法を議論するためのセミナーとして行われ、
ジブチの他に、
ベナン、トーゴ、セネガル、ガボン、コモロ諸島、コンゴ民主共和国、ハイチ
の計8ヶ国、14名が参加しました。


さて、朝から夕方、時には夜まで彼らと共に過ごすという濃い1週間を
過ごしたのですが、そんな中で気づいたことが。

ジブチはまごうことなきアフリカの一国なんですが、他の参加国とちょっとノリが違う…

初日の講義の最後に、おもむろにベナンの参加者が
「講義をしてくれた先生に、ベナン式のお礼をしたいと思います!」と、
3本締めのような拍手をし、講師の先生に気を送る(?)パフォーマンスをしようと
言い出しました。

「やろうやろう!」

「じゃあ次はセネガル式で!」

と皆さんノリノリ!


「お~すごいな~。これぞアフリカ…」と少し呆気にとられつつ、
慎み深い(?)日本人である私は遠慮気味に参加してみたのですが、ふと横を見ると
苦笑いしている我らが母子保健局長、Mmeネイマが。

「ジブチにはこういうのないのよねえ…
     私たち、ニセモノのアフリカ人(faux africains)だから」

と言って、ちょっと引いているのです。

b1_20140402185500cdc.jpg
ノリノリで写真を撮りまくる第三国研修参加者

ニセモノのアフリカ人??

続きを読む

検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。