FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2014/03
<<02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院をきれいにしたい!
セナール州の州都シンジャにある、シンジャ教育病院は医療サービスや人材育成の
中核病院です。

イブラヒム病院長は、数年前にJICA専門家の荒木京子さんから5S活動の
指導を受けました。

5Sとは、整理・整頓・清潔などをモットーとする活動です。

その後、日本の聖マリア病院(久留米市)でJICA研修を受け、
いまやイブラヒム医師は、病院内の整理・整頓に自ら先頭を切って
熱心に取り組んでいます。

薬剤部や手術室の整理整頓は当然のことですが、病院の正面に前庭を築き、
芝生を植えました。周りにはゴミ箱をおいて、ゴミを捨てないようにしています。

スーダンの他の多くの病院では、病院の廊下にゴミが溜まっており、
裏庭には注射器が捨てられています。

そういう劣悪な状況と比べると、シンジャ教育病院のきれいさは際立っています。



日本人から学び、日本での研修でそのすばらしさに感動したという
一人の院長先生が、スーダンの病院をきれいにするという大きな挑戦に
果敢に取り組んでいます。


b1_20140331162524242.jpg
緑がきれいな病院の前庭の芝生。地域ボランティアの方が丁寧に清掃をしていました。


b2
病院の薬局の棚は、きれいに整理・整頓されていました。

中村 安秀

▼前回の中村のブログはこちら
http://hands2006.blog46.fc2.com/blog-entry-649.html
スポンサーサイト
第4回HANDSボランティア・デーのご案内
ボランティアデーカバー

第4回HANDSボランティア・デー
今回は、4/11に岩手県陸前高田でまちづくりに取りくむ方をお呼びしておこなう、
東北復興支援イベントの当日運営ボランティアを募集します。
会場の準備や、受付、来場者の案内などをお願いします。

▼イベント詳細
「がんばっぺし!陸前高田 ~復興に向けた取り組みと国際協力のつながり~」
http://www.hands.or.jp/pagesj/00_whatsnew/tohokufukko140411.html

イベントの間はスピーカーの話を聞いたり、プログラムに参加したりしながら、
ぜひHANDSの活動についても理解を深めてください。

※可能な方は、9日(水)の午後におこなう予定の事前打ち合わせにもご参加をお願いします。
詳細はお申込みをいただいた際にご連絡します。

みなさまのご参加お待ちしています!

★このような方もぜひご参加ください★
「ボランティアに参加したい。」
「NGOってどんなことをしてるの?」
「国際協力に関心がある人と出会いたい。」

★HANDSについて★
HANDSは人材育成を中心に、人びとの健康を支える活動を世界9ヵ国でおこなっています。

多くの人がより健康に生きることができるよう、ぜひあなたのチカラでHANDSの活動を支えてください!

■開催概要■
日時:2014年4月11日(金)18:30-21:30
(16:00~18:30の間で来場可能な時間をお知らせいただけると助かります。)
場所:HANDS会議スペース(東京事務所(山の手ビル)ではありません。)
   東京都文京区本郷3-19-4 本郷大関ビル2F
アクセス:丸の内線・大江戸線「本郷三丁目」から徒歩6分/JR「御茶ノ水」から徒歩12分
地図:http://www.hands.or.jp/pagesj/12_2_access.html
イベント終了後に懇親会もおこなう予定です。

▼お申し込みは、下記をメールにてお送りください。
(申込み〆切:4月10日(木))

宛先:info@hands.or.jp

――HANDSボランティア・デー申込みフォーム――
■2014年4月11日(金) 16:00 -21:30開催分■

●お名前:
●来場可能時刻:(16:00-18:30の間でお書きください)

●懇親会参加可否:以下いずれかをお選びください
 参加する・参加しない・未定
●ご所属:
●連絡先電話番号:
―――――――――――――――――――――――――

※ボランティア・デーにお申し込みいただいた方は、HANDSからのイベントや
ボランティア情報などをメールにてお送りさせていただきます。

【問合せ先】
特定非営利活動法人HANDS (担当:内田)
TEL:03-5805-8565
Mail:info@hands.or.jp
スーダン・ナイト
マザーナイル・プロジェクトの最終評価調査の署名式が滞りなくおこなわれた翌日の
2014年3月19日。

ハルツームにあるヨルダン料理店で、スーダン人と日本人のプロジェクト関係者の
打ち上げ夕食会が開かれました。


スーダン保健省の重鎮のアバシ氏、スレイマン氏、タラル氏がわざわざ
駆けつけていただきました。

私、中村をはじめ、HANDSスタッフ(宮家さん、八木さん、清水さん、井上さん)、
現地での活動を支えてくれているナショナル・スタッフが勢ぞろいしました。


野菜たっぷりの前菜が何皿もだされたあと、大皿に鳥肉や牛肉の串焼きが並び
とてもおいしかったです。


当然ですが、生ビールなどのアルコール類はなく、
大男たちもみんな色とりどりのジュースを飲んでいます。


でも、マザーナイル・プロジェクトはユニークですばらしいという賛辞の声に、
アルコールもないのに、少し酔いしれてしまいました。


pic.jpg
スーダン人プロジェクト関係者やスタッフと共に

中村安秀
わが子の待機児童化
オペレーション部の樋口です。

ハンズは母子保健事業を扱っている団体のためか、
子育てをしながら働くママ職員が少なくありません。

わが家にも4歳と1歳の子ども(女の子)がいるのですが、
先週、次女の認可保育園・不承諾通知書が届きました。
そう、次女の待機児童化です(泣)。

わが家は、前年度も認可保育園の選考に通らず、
1年近く長女(認可保育園)と次女(無認可保育園)の
二か所の保育園への送り迎えをこなしてきました。
しかも次女の保育園は、、、

続きを読む

おうちでお味噌作り!―ケニアでの活動をきっかけに―
こんにちは。
ケニア事業担当の寺田です。

2月より開始した、ケニアでの栄養改善のための調査と活動をきっかけに
日本の伝統的な発酵食品への関心がググンッ!とアップした私。

週末にむすめ(3歳)と一緒に
『初めてのお味噌づくり』に挑戦してきました。


栄養改善のための調査に関するブログはこちら↓
「栄養知識と日本の発酵技術でケニアの人々を元気に!」

続きを読む

誰もが主役の健やかな社会づくり(3/19イベントレポート)
3月19日(水)に、ケニア事業駐在員(網野舞子)によるトークイベントを開催しました。

今回は、国内で活動するNPO法人ピルコンの理事長、染矢明日香さんをお招きしました。

ピルコンは、正しい性の知識を広げ、望まない妊娠・中絶をはじめとする
性の不幸のない社会の実現をめざしている団体です。

アメリカのUCLAで女性学を学び、女性が健康に生きる選択肢を持てるように
なることを使命感にしている網野と、染谷さんはもともと友人どうし。

打ち解けた雰囲気のなかで、
自身の出発点、取り組む課題、NPOとしてどう社会に働きかけていくか、
などについて、話されました。

IMG_0532.jpg

続きを読む

栄養知識と日本の発酵技術でケニアの人々を元気に!
こんにちは。
ケニア事業担当の寺田です。

まだまだ寒い日が続きますが、
我が家の庭には梅やオオイヌノフグリの花が咲き始めました。
春はすぐそこまで来ているようですね。

さて、HANDSは2月から、お醤油で有名なキッコーマン社はじめ4社協働で
栄養改善につながるBOPビジネスの可能性を探る調査を始めました。

今日はそのご報告をさせていただきます。

何にチャレンジするかと言うと、
現地の穀物と日本の発酵技術をつかったお粥、その名も『AMAGAYU』づくりです。
イメージは、甘酒のようなものですが、お酒ではありませんよ。。。


17_DSCN0622.jpg

続きを読む

ケニアでの初3Kとは? (Kenya, Kericho, Kenshu)(ケニアレポート)
先週末より、プロジェクトマネージャーとして、ケニア・ケリチョーに着任いたしました、
井出悦子です。
どうぞよろしくお願いします。

私がおもに担当する事業は、
平成25年度日本NGO 連携無償資金協力
「ヘルスケア・システムの強化を通じたコミュニティの健康向上プロジェクト」
(The Project for Community Health Improvement
 through Strengthening Health Care System in Kericho.)として、先月2月から開始されたものです。

3年間の活動計画を立てて、進めていきます。

▼在ケニア日本大使館でおこなわれた贈与契約署名式の様子はこちら
http://www.ke.emb-japan.go.jp/Economics/Economics_j/HANDS.html

続きを読む

第3回HANDSボランティア・デーのご案内
国際協力NPO・HANDS(ハンズ)のボランティアに参加しませんか?
ボランティアに参加していただきながら、HANDSのことも知っていただける機会です。

HANDSは人材育成を中心に、人びとの健康を支える活動を世界9ヵ国でおこなっています。
多くの人がより健康に生きることができるよう、ぜひあなたのチカラでHANDSの活動を支えてください!

今回は、ケニアの活動をお伝えするイベントでの当日運営ボランティアを募集します。
会場の準備や、受付、来場者の案内などをお願いします。

▼イベント詳細「NPOが提案する未来 誰もが主役の健やかな社会づくり」
http://www.hands.or.jp/pagesj/00_whatsnew/kenya20140319.html
(イベント参加者も募集しています!)

イベントの間はスピーカーの話を聞きながら、ぜひHANDSの活動について理解を深めてください。
イベント終了後には懇親会(スピーカー、参加者、ボランティアから希望者のみ参加)もおこないます。(予算:2,000円)

みなさまのご参加お待ちしています!

★このような方もぜひご参加ください★
「ボランティアに参加したい。」
「NGOってどんなことをしてるの?」
「国際協力に関心がある人と出会いたい。」

■開催概要■
日時:2014年3月19日(水)  19:00-21:30
終了後に事務所付近の飲食店で懇親会をおこなう予定です。
場所:HANDS会議スペース(東京事務所(山の手ビル)ではありません。)
   東京都文京区本郷3-19-4 本郷大関ビル2F
アクセス:丸の内線・大江戸線「本郷三丁目」から徒歩6分/JR「御茶ノ水」から徒歩12分
地図:http://www.hands.or.jp/pagesj/12_2_access.html

▼お申し込みは、下記をメールにてお送りください。※申込み〆切:3月18日(火)
宛先:info@hands.or.jp

――HANDSボランティア・デー申込みフォーム――
■2014年3月19日(水)19:00-21:30開催分■

●お名前:
●懇親会参加可否:以下いずれかをお選びください
 参加する・参加しない・未定
●ご所属:
●mail:
●連絡先電話番号:
―――――――――――――――――――――


※ボランティア・デーにお申し込みいただいた方は、HANDSからのイベントやボランティア情報などをメールにてお送りさせていただきます。

▼第2回HANDSボランティア・デーの様子
写真 2014-02-26 20 59 38
みんなで募金箱の試作をしました。

【問合せ先】
特定非営利活動法人HANDS (担当:内田)
TEL:03-5805-8565
Mail:info@hands.or.jp
3.11によせて
こんにちは。東北復興支援事業担当の山中です。

東日本大震災から今日で丸3年が経ちました。
今回の震災の死者・行方不明者は、1万8千人強。
あらためて、被害に遭われた皆様のご冥福をお祈りしたいと思います。

HANDSは2011年4月から、現在も活動を続ける
岩手県陸前高田市を中心に、
東北復興支援事業に取り組んできました。
3年と言う月日は、あっという間に過ぎてしまったように思いますが、
あの時生まれた赤ん坊が、自分の足で立ち、
家族を認識し、言葉を発することが出来るようになるまで
成長する年月です。

「子どもの成長に、”待った“はない。」
だから迅速に、的確に、常にニーズに沿った支援を
していかなければならない、ということを、
震災初期から、避難所の一角で支援を始めていた
地元子育て支援団体の代表に、教えられたことを
あらためて思い出しました。

他の地域同様、私たちの活動地である陸前高田市でも、
未だ仮設住宅暮らしを続ける方々がほとんどです。
街が形を取り戻したところはなく、
復興住宅も未だ、着工工事すら進んでいない。

しかし、まだまだ先の見通しが立たない状況の中、
東北は少しずつ、自分たちで立ち上がろうとしています。
そんな地元のみなさんと共に私たちも、
これからも陸前高田市での活動を、続けていきたいと思っています。

引き続きみなさまからのあたたかいご支援・ご協力のほど、
どうぞよろしくお願いいたします。

土と人に恵まれたアグロフォレストリー農場(ブラジルレポート)
ボルバ市(ブラジル・アマゾナス州)のパントージャさんは、
Terra Firme
(テーハ・フィルミ。しっかりした土地、雨季に水位が上がっても水没しない土地をこう呼びます)
にアグロフォレストリー導入をしています。

F1.jpg
▲パントージャさん。手前の苗はマホガニー。

実はこのパントージャさんの息子さんは、ボルバ市の農業技術者。

彼は昨年の6月にトメアスー(ブラジル・パラ州にあるアグロフォレストリーが進んでいる市)でのアグロフォレストリー研修に参加しました。
※HANDSはこの研修の実施をサポートしました。

今回、農場の様子を見に行ったところ、そのときにもらった種で作った苗がたくさん
農場に並んでいました。

F2.jpg
▲左から2番目がパントージャさんの息子さん。

100本ほど植えていて、
「あと20年もしたら大金持ちだね」
なんて話までしました。
(マホガニーは最高級の材木になります)


Terra Firmeは土地がやせていることが多いのですが、パントージャさんの農場は
Terra Preta(テーハ・プレタ。黒土)で大変良い土地でした。

この黒土は、先住民の集落があったところで、ごみや排せつ物などの有機物が
数百年、数千年と集積されてできたものとされています。


働き者のパントージャさんと農業技術者の息子さん、そして良い土に恵まれ、
理想的なアグロフォレストリーのモデル農場になりそうです。


(ブラジル駐在スタッフ:定森)
新スタッフの勝山、陸前高田へ初出張に行ってまいりました!
はじめまして!

新しく東北震災復興支援事業を担当することになりました
プログラム・オフィサーの勝山です。


私は、もともと主に助産師として日本で活動していたのですが
海外青年協力隊としてのボリビアでの経験をきっかけに、
母子保健における国際協力事業に強い関心を持つようになり
この2月末、HANDSに入職しました。


さて、HANDSに入職してまだ2週間ほどの私ですが、
先週、さっそく陸前高田へ初出張へ行ってきました!

震災直後は、宮城県の被災地に医療ボランティアとして参加した経験もあり
3年が経過した今の被災地での復興の様子や人々の想い、
本当に必要とされている援助は何なのかを
現地の方々から直接聞くことができ、
とても感慨深いものがありました。


今回の出張の目的のひとつは、
4月11日にHANDSが東京で開催する震災復興イベント

「がんばっぺし!陸前高田
~復興に向けた取り組みと国際協力とのつながり~」


のスピーカー2名の方との打ち合わせをすることでした。


まず、

続きを読む

謎の部門X。
ハンズにはオペレーションなる部門が存在しています。


オペレーション部門!? え?なにそれ??


…とツッコミを受けること、間違いないなさそうですが…。


プログラム部門と思わず混同しそうにもなりますが、
正解は、財務、経理、人事・労務、総務、ITなどの分野を扱い、
団体と職員を裏方から支える、なくてはならない部署なのです。
文字通り、団体を、よりよい形でオペレートしていかねば、と
2014年年初のオペレーション・ミーティングで一同、心を新たにしました。

現在オペレーション部には4名の部員がいるのですが、

続きを読む

検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。