FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2010/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【活動報告】1/8 チャレンジ!国際保健NGOで働くために
質疑応答_sm

2010年、年明け早々、
HANDS事務所1Fの会議スペースを使った初めてのセミナーを開催しました。
(これまで、総会や理事会では使ってましたが、一般の方々を招いての
 セミナーは実は初めてでした!)

 20人でいっぱいになってしまう会場ですが、
 当日は14名の方が参加し、ちょうど良い感じでした。

さて、本セミナーは、将来の国際保健人材の育成を目的として
開催したもので、「国際保健NGOが求める人物、能力」をテーマにしました。

参加された方々は、現在医療現場やNGO、企業等で働いている方や、
国際協力について学んでいる学生さん達。
皆さん、国際保健のお仕事に関心を持っていても、何かしらの
悩みや不安、疑問などを抱えているようでした。

セミナーの後半では、国際保健NGOであるHANDSで働くスタッフが
そんな皆さんからの質問に回答するグループディスカッションの場を
設けました。

ディスカッションsm

決して十分な時間ではありませんでしたが、
参加された皆さんにとっては、満足いただけたようです。

ディスカッション4sm

また、当日配布した『NGOスタッフのためのセルフラーニング・リソースリスト』は、
NGOスタッフに求められる「コミュニケーション能力」と「マネジメント能力」を
高めるために役立つ書籍、研修、Webサイトの情報を集めた資料で、
こちらも、参加者からの好評をいただきました。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
とてもニーズが高い内容のセミナーだと実感しましたので、
また企画できればと思っております
スポンサーサイト
ブラジル日本交流協会のニューズレターに掲載
2009年11月に開催したブラジルプロジェクト活動報告会で、
楽しいボイブンバ(アマゾンの踊り)を教えてくださった、
瀧藤千恵美さんが、ブラジル日本交流協会のニューズレターに
報告会の記事を書いてくださいました

活動報告会で協力をいただいた瀧藤さん、
フォトジャーナリストとして活躍されている渋谷敦志さん
そして今回ブラジルから帰国し報告を行った
定森徹(HANDSブラジルプロジェクトマネジャー)は、
日本ブラジル交流協会(現在は「ブラジル日本交流協会」に改組)を通じて、
ブラジルで長期滞在していた、という仲でもあります。

今回の報告会でも、交流協会のOBや関係者が来てくれました。
偶然にも、会場を貸してくれた「Cafe do Centro」の社員にもOBがいました。

その辺のことは、瀧藤さんの記事に記載されていますので、
ぜひご覧ください。
(記事の掲載は、瀧藤さんの許可を得て転載しています)

↓↓↓ 画像をクリックするとPDFにリンクします ↓↓↓

200903_news.jpg
検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。