*All archives* |  *Admin*

2009/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケニア現地駐在日記①:自己紹介
ケニアプロジェクトの現地業務調整員として今年9月にケリチョーに来ました。
これから1年間、皆さんには耳慣れないケリチョーという所での生活を題材に、
私たちのプロジェクトのことに加え、一般的な現地生活事情といったものからは
少し違った視点に立って書いた文章を、載せてみることにします。
第一回は自己紹介も兼ね、ちょっとしたエピソードを交えてこの仕事に対する心構えを綴ります。

ケリチョーはケニアの西方に位置するお茶の名産地として知られる土地です。
アフリカもそしてNGO勤務も初めてという私は、娘時代から数えて四半世紀もの間温め続けた夢、
海外協力に携わることができるようになって、ほんの5年。
これが3つ目の仕事です。
とはいえ、それまで家庭の主婦だったため、ちょっと自分でも笑ってしまいますが、
この年齢で社会人としてはまだまだ修業中の身。

ケニアブログ
(お母さんの笑顔。9月にソシオットヘルスセンターで行った基礎調査に参加してくれた。)

自分の子育て経験から、発展途上の国々の多くのお母さんや赤ちゃんたちの
健康な暮らしのために役に立ちたい、という気持ちを持つようになり、
それをどのようにしたら形にできるのかをずっと考えていました。
大学院修士課程でヘルスプロモーション・健康教育・健康行動という勉強はしましたが、
何も生み出すことができないまま年月が過ぎました。

「知らない国の人たちを前に、いったい自分に何ができるのか」

そのころから頭の中をめぐっている言葉です。

ケリチョーに来て間もないある日のこと。
私は独り徒歩で銀行に急いでいました。
急ぐのにはわけがあります。
ここケリチョーでは、にわか雨や夕立が決まって毎日あるからです。
案の定ポツリポツリと落ちてきました。
傘をさし始め足早に歩いていると、前方に若いお母さんの後姿が近づいてきます。
わきの下には小さな赤ちゃんを粗末な布切れ1枚で上手にくくりつけているのが見えました。
雨はにわかに大粒になってきます。
殆ど赤ちゃんの顔が見えるくらい近づいた時に肩越しに見えた物に驚きました。
彼女が片手で生きたニワトリの足をつかみ、暴れないようにしっかり抱えているではありませんか。
その先の銀行まででも、せめてお母さんの肩と赤ちゃんにだけでも傘をさしかけてあげたいと思い
上を見上げた瞬間、彼女の頭上には大きな荷物が載せてあり、私の傘は荷物はおろか、
若いお母さんも赤ちゃんも、そしてもちろん生きたニワトリも、
雨に濡れないようにしてあげることは到底無理だったのです。

続きを読む

スポンサーサイト
グローバルフェスタ2009その②byボランティアスタッフ
皆さんこんにちは
今回グローバルフェスタにボランティアスタッフとして参加させていただきました学生会員の森です。よろしくお願いします。

10月3~4日にかけて東京の日比谷公園におきまして、「グローバルフェスタJAPAN2009」が行われました。
このイベントは“地球と世界の今を、楽しみながら知ろう”をコンセプトに行われ、多くの行政機関、NGO、NPOが参加しました。
そして私たちHANDSは今年が初めての出展でした。私自身も初めての体験でした。

私は10月3日にお手伝いさせていただきました。あいにくの曇り空、しかも雨まで降ってくるという天候でした。
しかし、そんな天候にもかかわらず、沢山の方々が来場されました。
HANDSの「世界の母子健康手帳」や「プロジェクト」の紹介を展示しているブースのスペースは満員となりました。
それでも人足は途絶えることはありませんでした!とてもうれしかったです。

圧縮森さん1_convert_20091029163026
全体的な事としては、皆さんの国際協力の関心がかなり高まってきているのではないかということです。
普段私は静岡の大学に通っており、そのためか、なかなか休みの日に東京で行われるイベントに参加できないことが多かったのですが、このイベントで、かなり沢山の私のような学生の姿を見かけたことは、自分にとって刺激的でした。
私のような学生たちの間で、国際協力に対する関心が高まっていることだと実感しました。

圧縮白神さんconvert_20091029163645

今回の出展により、多くの皆様にHANDSを知ってもらうことができたと思っています。
そして、ボランティアスタッフとしてこの活動に関与したことは、自信となりました。ありがとうございました。

グローバルフェスタ報告はまだまだ続きます
ケニア勉強会とスタンドアップイベント
遅ればせながら、先日、2009年10月16日に開催した
ケニア勉強会と、STAND UP TAKE ACTIONイベント参加のご報告です。

HANDSは、アドボカシー活動の一環として、
GCAPhttp://gcapj.blog56.fc2.com/blog-entry-3.html)という、
100ヵ国以上で活動する貧困をなくすための国際ネットワークに参加しています。

このGCAPが中心となって、毎年行われている
STAND UP TAKE ACTION」をご存じですか?

毎年、世界貧困デー(10/16)の前後に行われ、
参加した人数がギネス記録にもなっている、世界規模のイベントなんです。

⇒詳しくはこちら(http://www.standup2015.jp/

HANDSでは、イベント参加に合わせて、
エイズ孤児支援NGO・PLASと共に、
ケニアで活動するNGOの勉強会」を開催し、
みんなで貧困を考える機会にしました。

ケニア勉強会の様子

続きを読む

グローバルフェスタ2009に参加しました!その①
グローバルフェスタ入口

去る10月3&4日
東京・日比谷公園で行われた「グローバルフェスタ2009」
HANDSも出展しました


初出展の今回は分からないことばかりで、ドキドキわくわく・・・

土曜はあいにくの雨にも関わらず、2日間を通じてたくさんの方々がHANDSテントを訪れてくださいました

HANDSテントを訪れてくださった皆さま、
本当にありがとうございました

圧縮IMG_0382_convert_20091026181818

写真やプロジェクトの紹介をして、
たくさんの人にHANDSの活動を知ってもらおうとがんばりましたっ

圧縮IMG_0372_convert_20091026182418



グローバルフェスタ報告はまだまだ続きますよ~
魚魚魚
活動地であるマデイラ川は魚が大変豊富で、大漁になる乾期にはモーターボートを走らせるだけで、驚いた魚が飛び上がって勝手にボートの中に飛び込んでくるほどです。
という話をすると日本人どころか、アマゾンに来た事のないブラジル人まで「ホラばっかり・・・」という顔をします。
でも本当です。場所によっては顔を直撃されそうで危ないので(なにしろモーターボートは時速40-50キロに達します。時速40-50キロで数百グラムの物体を顔にぶつけられる所を想像してみてください)、魚がたくさんいる所を走る時にはビクビクします。
さて、ようやく、先日の出張時に、その写真が撮れたのでアップさせて頂きます。ちょっとわかりにくいかな?Resize of DSC_0059

Resize of DSC_0060


検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。