FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2009/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安全なお産を目指して
ODAメールマガジン第164号にHANDSの専門家が活躍するスーダンプロジェクトが紹介されました。
現地の様子が生き生きと伝わるレポートをお楽しみください

  *********************************************************
「安全なお産」目指して―スーダン地方部での取組み―
 (原稿執筆:JICA専門家 城戸千明プロジェクト・チームリーダー)

スーダンは、内戦やダルフール問題など、ネガティブなニュースで報道されることの多い国です。でも実際に訪れてみると、治安は極めて良く、首都にはおしゃれなホテルやレストランもあり(残念ながら厳格なイスラム国なのでお酒は出ません)、国民はとてもフレンドリーで、初めてこの国に来た時には外からのイメージとのギャップに驚きました。

私たちは、スーダンの地方、センナール州において、村落地域でお産の介助を行っている「村落助産師」の能力強化のためのJICAプロジェクトを行っています。スーダンの都市部では病院での出産が増えつつありますが、地方ではまだ自宅での出産が一般的で、主に「村落助産師」が分娩の介助役を担っています。プロジェクトでは、研修を通じて「村落助産師」の知識・技能を向上させ、村の女性たちにできるだけ「安全なお産」をしてもらうことを目指しています。

プロジェクトは2008年6月にスタートし、2009年7月現在、2年目を迎えたところです。これまでに、村落助産師の実態を把握するための現況調査を行ったほか、研修のための指導員である、トレーナーの養成が終了しました。今後、ようやく村落助産師の研修をスタートする段階です。

プロジェクトを進める上では悩みも多く、トレーナーの養成では、参加者の成績がふるわず、こちらの想定していた数のトレーナーが確保できないという頭の痛い問題が発生しました。また、村落助産師の研修準備にあたっては、地方の村に住み、固定電話はおろか携帯電話もない村落助産師たちへ参加を呼びかけるのが難しく、一人ひとりに個別訪問を行って声をかけるしかない、という困難にも直面しています。研修の対象としている村落助産師は全部で600人ほど、この人たちが九州ほどの広さのあるセンナール州に散在しているのですから、今後、いかに効率的に「研修のお知らせ」を広めていくかを考えていく必要があります。

苦労話はつきませんが、これまでに研修への参加を呼びかけた村落助産師たちは、「研修を通じて技術を向上させ、村のお母さんたちの役に立ちたい」と研修を楽しみにしてくれています。プロジェクトのメンバーであるスーダン人の同僚も、日本人が来て残業が増えたと文句を言いながらも、研修の準備のために忙しく立ち働いており、なんだか以前よりも生き生きとしているように思えます。スーダン人、日本人の同僚とみんなで知恵を絞りながら、仕事に取り組む毎日です。

出典:外務省ODAメールマガジン 第164号
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/mail/bn_164.html#02
スポンサーサイト
国際保健連続セミナー「ベトナムの母子手帳」
日本の母子手帳を参考に、世界各国で独自の母子手帳が広まっています。
2009年6月、ベトナムではついに全国統一版の母子手帳が生まれました。
この取組みに10年間関わり続けてきた板東あけみ氏より、
一地域から国家政策へと活動をスケールアップさせた経験などをお話いただきます。
皆様のお越しをお待ちしております!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 国際保健連続セミナー
  「地球の“いま”を知ろう!~途上国の女性と子ども、いのちと健康」

第3回 「障害児対策から始まった、ベトナム版母子健康手帳の開発と活用」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日 程】: 2009年9月4日(金)18:30~20:00
【場 所】: 世界銀行情報センター(PIC東京)
       東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階(ロビー)
       (最寄駅:地下鉄都営三田線「内幸町」、日比谷線・
            千代田線・丸ノ内線「霞が関」)
【参加費】: 無料
【定 員】: 40名
【スピーカー】: 板東あけみ
          (NGO「ベトナムの子どもたちを支援する会」事務局長、
            HANDSテクニカル・アドバイザー)
【主催】: 特定非営利活動法人HANDS、世界銀行情報センター共催

 詳細情報、お申込みはこちら 
http://www.hands.or.jp/pagesj/00_whatsnew/semi20090904.html

 -------------------------------------------------------
 このセミナーは、アジア、アフリカ、中南米などで国際協力に携わる
 専門家が、女性や子どもの命と健康を切り口に、世界の現状を伝える
 連続セミナー(全7回)です。
 -------------------------------------------------------

 お問い合わせ先
  特定非営利活動法人HANDS
  (担当: 網野・篠原)
  東京都文京区本郷3-20-7 山の手ビル2F
  TEL: 03-5805-8565 FAX: 03-5805-8667
  E-mail: seminar0909★hands.or.jp(★を@にしてください)
  URL: http://www.hands.or.jp/
検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。