FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2007/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京事務所便り2
第1号から日が空いてしまいましたね。すみません!

東京事務所は今日はとても静かで、人一倍タイピングに力が入ってしまう私のタイプの音だけが響いていて申し訳ない気持ちになります。

先週22日に無事、第2回セミナー、ブラジル報告会が終了し、約100名(!)もの方にご参加頂き、盛況のうちに終了しました。
*詳しくは担当者から近日中にアップ予定。

その報告会の主役の一人だった、ブラジルから久しぶりに帰国したスタッフも、あっという間に29日にはまたブラジルに戻ります。とても明るい方で、事務所もいつも以上に賑やかだったので、とても寂しくなりそうですが、今後も東京とブラジル、距離はあっても共にHANDSの一員として仕事をしていけたらと思ってます。

第2回セミナーが落ち着くと共に、事務所ではHANDSでは来たる新しい年度(2007年7月~)開始に向け、少しずつ小さなプロジェクトが動き始めました。

第2号の会報発行や、9月に開催予定の第3回セミナーの準備など、事務所では2つの部門のスタッフ、そしてインターンという職種を問わず、それぞれのタスクごとにチームを編成し、チームごとに活動をしています。
新しいチームで、新しいメンバーと、これからアイディアを出し合っていくことが楽しみです。

新しい年度になると、気持ちが引き締まるような気がしますね。
いよいよ来週から決算です。スタッフの皆さん、よろしくご協力、おねがいします!

(ちょ)
スポンサーサイト
イーココロ募金運用開始しました!
さて、お知らせが遅くなり申し訳ないのですが・・
6月18日より、イーココロ募金サイトの運用を開始しました!

「イーココロ募金」のサイト内にはいくつかの募金のタイプがあり、インターネット上で買い物(ショッピング募金)や、資料請求(アクション募金)を「イーココロ」サイトを介しておこなっていただくことで、一定のポイントが付与されます。

☆ポイントを付与されるにはまず、「イーココロ」サイトから会員登録をする必要がありますが、氏名、メールアドレス、性別、生まれた年を登録するのみの簡単なものです。

その貯めたポイントが1,000ポイントを超えたときにはじめて、そのポイントを「募金」として、選んだ募金先NGOに寄付するというシステムです。

実際「寄付」は、「イーココロ」内に登録された会社より「広告料」として「イーココロ」が受けた額からポイント額に応じて寄付されるため、会員の方に負担は一切ありません。

以上、ぜひ一度、HANDSの登録サイトをご覧下さい!
http://www.ekokoro.jp/ngo/hands/index.html

インターネットショッピングを普段から楽しんでいる方はもちろん、そうでない方もぜひ、会員としてHANDSをご支援下さい。

よろしくお願いします!!

(Kit Kat)
5S1K研修実施
6月18・19日とJICA東南部アフリカ地域支援事務所の半田裕二郎先生においで頂き、キシイ・ケリチョーの両県で「5S1K研修」を実施しました。研修は両県とも各1日で、午前中にDHMTメンバーを中心とした5S1K実施とその効果等についての会議、午後に事前に選んだパイロットHCに半田先生、DHMTメンバーとともに訪問し5S1K実施ガイダンスをHCスタッフに行いその後全員でHC内を巡回し、具体的に5S1K実施の場所を選定、といった内容で行われました。

半田先生の巧みな話術ととても実用的な内容を含んだパワーポイントスライドを使って手作りされた「紙芝居」によるガイダンスで参加者は皆「半田ワールド」に引き込まれていきました。5S1Kの実施は、単にHCがきれいになることではなく、サービスの質を向上させるものであること、そしてそれはプロフェッショナルとしての自己実現と人生の充実につながるというお話は、DHMTメンバーやHCスタッフのみならず、私を含めたハンズケニアスタッフ達にも強く心に残るものでした。

5S1KのHCでの実施は、今後プロジェクト対象の残りのHC(キシイ6・ケリチョー6)へも拡大実施が計画されています。そして9月には各HCでのパフォーマンスを審査し、表彰することを企画しています。今後の活動の詳細はまた追ってお知らせします。(K.T.)

ここで「5S1Kって何?」という方のために・・・
・Sort(整理)
・Set(整頓)
・Shine(清掃)
・Standardize(清潔)
・Sustain(躾)
・Keep it up(継続)

紙芝居を使ってガイダンスをする半田先生
「紙芝居」を使って5S1Kガイダンスをする半田先生

改善の必要なHC薬品庫
改善の必要なHC薬品庫

HCでの研修風景
HCでの研修風景
ケニアでの誕生日
清水専門家バースデー

先週の土曜日(6月16日)にコミュニティ活動専門家の清水さんの(?歳の)誕生会をしました。
写真の左側が清水さんです。右手前はヘルスセンターマネジメント専門家の高橋さん、右手後ろが調整員の苗代さんです。清水さんは、笑顔の素敵な料理上手な女性です。これからのコミュニティでの活躍にも乞うご期待です!

(Y.K)
Yahoo!ボランティアインターネット募金スタート!
お待たせしました。
ついに、Yahoo!ボランティア、インターネット募金にて、ブラジルプロジェクト募金、「アマゾンに暮らす人びとの健康づくり募金」が開始となりました。

http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1611001/index.html

今月中にケニアプロジェクトに対する募金もスタートする予定ですので、そちらもアップ次第お知らせします。
 
この募金は、HANDSのスタッフが撮影してきた4点の写真をPCの壁紙として販売し、その購入額を募金としてご寄付いただくというもので、購入額は500円から自由にお選びいただけます。
(手数料等は一切かかりません)

ぜひ皆さまのあたたかいご支援をよろしくお願いいたします!

(ちょ)
第2回HANDSセミナー、ブラジル報告会開催!!
こんにちは。いよいよ来週22日(金)に、ブラジル・マニコレから帰国した定森がプロジェクト報告会にて報告を行うと共に、東海大学准教授、小貫氏よりご講演も頂きます。事前申込はまだまだ受け付けておりますので、ぜひお越しください!!

**********************************
*(特活)HANDS 2007年第2回HANDSセミナー、
ブラジルプロジェクト報告会のお知らせ*

タイトル:「格差社会での奮闘~都市部とアマゾンの
保健医療活動~」

(特活)HANDSは、2001年よりブラジル・アマゾン地域にて地域
保健医療活動を実施してきました。今回、現地プロジェクトマネジャー
である定森徹が帰国し、プロジェクトについて報告すると共に、
サンパウロのスラムで長年、活動を行ってきた小貫大輔氏より、
その活動についてお話いただきます。

当日はアマゾンフルーツジュースを販売している(株)フルッタフルッタ(http://www.frutafruta.com/) のご協力により、自然の力をそのまま
利用するアグロフォレストリー農法によるフルーツを原料としたジュースの試飲も予定しております!

[開催日時] 2007年6月22日(金) 18時30分~21時00分
[会場] JICA国際協力総合研修所 2階 国際会議場 
(最寄り駅:市ヶ谷駅等)
[定員]  80名
[参加費] 500円 (当日支払:HANDS会員の方は無料)
[お申し込み] 参加には事前登録が必要となります。氏名・所属・住所
メールアドレスを明記の上、2007年6月21日(水)までに、メール(seminar2@hands.or.jp)、 ファックス(03-5805-8667)にて お申し込みください。ホームページからも受け付けています。
[協賛]  株式会社 フルッタフルッタ

[プログラム]
18:00 受付開始
18:30 開会・挨拶
HANDS代表・大阪大学大学院教授 中村安秀
18:45 講演「大都市サンパウロからの報告:スラムのコミュニテ
ィ活動」
東海大学准教授 小貫大輔氏
19:15 活動報告「アマゾンの森とともに健康に生きる:マニコレ
市における地域保健プロジェクト」
HANDSプロジェクトマネジャー 定森徹
20:00 休憩 (アマゾンフルーツジュースの試飲)
20:10 質疑応答
21:00   閉会

[お問い合わせ先]
特定非営利活動法人 HANDS
東京都文京区本郷3-20-7 山の手ビル2階
TEL:03-5805-8565 FAX:03-5805-8667
E-mail: seminar2@hands.or.jp
URL: http://www.hands.or.jp
担当: 地引、梶、一寸木(ちょっき)
「にわとり」買いました
ケリチョーでは日曜日はマーケットデー。午前中、ケリチョーメンバーで市場に一週間分の食料買出しに出かけました(平日はなかなか買い物に出かける時間がないので)。新鮮な野菜(でもどんな味がするのか分からないものも多いのだけど)やら、果物・卵・・・色々買いましたが、本日の目玉はこの「にわとり」。

ケリチョーは田舎町ながら大きなスーパーが幾つかあって、大体のものは買えるのだけど、野菜や肉といったものはスーパーでは買えません。大抵野菜は道端で農家のおばちゃんが売っているものを買ったり、今日のように市場で買ったりするのだけど、肉はもうちょっと複雑。町には肉屋もあるのだけど、ハエがいっぱいたかっているし、どの肉も冷蔵庫の中に保管されているわけではないので、鮮度も心配。

そこでわれらが原口チーフ、「今日はにわとり買うよ!」の一言。マーケットで、狭い金網の中に閉じ込められている鶏達(もちろん生きています)の中から(おいしそうな?)一羽を選んで、「これ頂戴!頭落として羽むしってね!」と注文。確かにこれなら今まで生きていたわけで、新鮮だし、ハエもたかっていない。

無残な姿になった「にわとり」さんは、写真ではお見せできませんが、めでたくそのあとアパートに持ち帰られ、苗代調整員の見事な包丁さばきにより「鶏肉」となり、皆の胃袋を満足させることになりました。原口チーフとにわとり

追伸:プロジェクト活動も着々と進めてきています。これはあくまで休日のお話。平日のプロジェクト活動そのものも少しずつお知らせしますので、もう少々おまちください。
エドワードさん
ドライバーのエドワードさん

リフト・バレー高原

ガタガタ道

プロジェクト地のケリチョーとキシイへ向かう道のりはナイロビから西に5時間弱。プロジェクトのドライバーの一人、エドワードさん(写真上)がサービスで途中停車してくれたのは、リフト・バレー高原が見渡せる高台(写真中)。その後シマウマに遭遇し、がたがた道(写真下)では気持ち良い揺れに後部座席のスタッフはうとうと・・・ そして標高2000メートルのケリチョーに到着、そこからさらに1時間半行けばキシイです。どんな道のりでも安全第一で私達を目的地まで連れてくれるドライバーさん達には感謝です。(I.S.)
東京事務所便り
今日から6月。東京では「晴れ」の予報のはずが、朝は急な雷雨で仕事がスタート。しかし午後からは予報どおりに抜けるような青空が広がりました。

東京事務所での動きといえば、少しさかのぼって5月18日にケニアへ6名のスタッフが出発し、その後無事に到着したと連絡がありました。

そして今週から新たに2名のインターンさんがHANDSに来て、スタッフのお仕事をサポートくださることになり、今週は私の属すオペレーション部(経理、労務などの後方支援部)スタッフと、元インターンのアシスタントスタッフを中心に、業務の説明をおこなっていました。

来週にはブラジルに赴任しているスタッフが約1年ぶりに家族と日本に帰国する予定で、また事務所がよりにぎやかになりそうな予感がします。

HANDSは今月(6月)が年度末で、来月からは新しい年度となり、団体も8年目に入ります。

私も年度末、そして来月は決算(!!)と忙しくなりそうですが、東京事務所のお仕事を少しずつでもお伝えできるよう時間を作って頑張って更新できるよう努力します!

ちょ
検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。