FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2006/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊産婦ケア研修開始
以下の予定で、妊産婦ケア研修がはじまります!
Kisii:2月20日(月)~24日(金)
Kericho:2月27日(月)~3月3日(金)

現在、2月19日(日)の12:00pm。
HANDS Staffはまだまだ色んな準備に追われていますが、とりあえず、無事各県5日間ずつの日程を終えることが出来ればと思います。それこそ、「スーパー・フレックス体制」で臨むしかありません。
(注:2月13日の投稿参照)

Kerichoで、数日前から研修用教材の印刷をオーダーしていたのですが、まっすぐ印刷できていない、カラーコピーの色や縮尺がおかしい、ページが逆さまに綴じてある・・・等々、業者へのやり直し指示は絶えず・・・。とりあえず、できたところまでの物を受け取って、研修に臨むしかありません。(溜息・・・TAよ)
スポンサーサイト
終了時調査開始。出張から帰ってきました。


終了時調査を4日から開始しました。まずは市街地で無作為抽出した100家庭へのアンケート調査です。
JICAブラジル事務所で9日に報告会が予定されていたため、とりあえず一部の結果をコンピュータに入れてみました。
まだ、すべてのデータが出揃っている訳ではありませんが、なんと、まさに思ったとおりの改善振りです。すばらしい(←自画自賛)

そのデータも含めた資料を持って、マナウス、ブラジリアへの駆け足の出張して帰ってきました。
マナウスでは総領事館(もちろん日本のです)、ブラジリアではJICAブラジル事務所と大使館(これももちろん日本のです)へ行ってきました。
各所で、現在までのプロジェクトの状況を報告いたしました。どこでも熱心に聞いて頂けました。
でも、マニコレに着くとほっとしますね。
(PMさ)
問い合わせ用フォーム設置
この度、ホームページ上に問い合わせ用フォームを設置いたしました(http://www.hands.or.jp/pagesj/12_access.html)。資料のご請求、イベント開催時のお申し込み、HANDSプロジェクトに対するお問い合わせなどにどうぞご利用ください!!(み)
新人Aは見た!
こんにちは。キシイをベースにコミュニティ活動を担当している野々口です。今期のケニアチームは、前年と比べると人数も増えぐっと大所帯です。その中に、JICAケニア事務所から新人の淺野誠三郎君がいます。当初、プロマネの島本チーフの下で、暖かく手塩にかけて育てられる筈だった・・・のですが、諸々の事情から、よりによって情け容赦のない野々口のスーパーバイズの下に入ることになってしまいました。「辛い・・・脱走したい・・・(笑)」と言いながらも、毎日スーパーフレックス体制(注)で頑張っています。

(注)ケリチョー事務所Project Coordinator松永氏による造語。とりあえず、所定の業務開始・終了時間はあるものの、その日の雰囲気で朝から晩まで1日中働く体制・・・らしい。

続きを読む

ケニア便り第1弾
Jambo! Habari yako?
ブラジルプロジェクトに比べてケニアチームからの投稿が少ないですが、みんな生きていますよ!本プロジェクトも第2フェーズが始まり、カウンターパートたちとの再会に感動しつつ日々の業務に勤しんでいます。
当地は現在、1年中でもっとも暑い時期なのですが、Kerichoに関して言えば寒暖の差が激しく、朝晩は結構ひんやりしていて喉のイガイガ症状を訴えるスタッフもチラホラ。Kisiiは、Kerichoよりも気温が高くて暑さでバテてしまいます。。。
体調管理がポイントの毎日です。(よ)(こと)

これまでの予定:
1月22日(日):ケニアチーム・関西空港発
1月23日(月):ケニアチーム・Nairobi着
1月28日(土):ケニアチーム・NairobiからKisii / Kericho 各県へ移動
2月2日(木):The 6th Meeting of the District Project Coordination Committee(両県のカウンターパートとの重要会議で、これまでの活動や今後の予定について確認)
        The 3rd Meeting of the District Reproductive Health Teams(妊産婦ケア関連の活動に関する専門カウンターパートとの重要会議)
2月7日(火):Community Activity Meeting in Kisii (コミュニティーの代表者との重要会議)
コミュニティ保健ワーカートレーニング
先日友人から「Blog見たけど仕事のことは載ってないの?」という鋭い指摘を受けました。そういえばブラジルからは雑談ばかりで仕事のことは載っていないような・・・
というわけで今回はお仕事の話を少々!

先週の金曜日(1月27日)に市街地コミュニティ保健ワーカー(CHW)へのトレーニングを実施しました。このマニコレでのプロジェクトではCHWとコミュニティ住民に対する働きかけがメインです(細かいところはHP:www.hands.or.jpをご参照ください)。

今回のトレーニングは糖尿病についてです。トレーニングの際、先日I専門家に教えていただいたバズセッションという手法を取り入れてみました。これはグループワークの際に、誰か一人が書記のようになって意見を書くのではなく、何人もが同時に一枚の紙に意見を書いていきます。紙の上で行うブレインストーミングのようなものです。そこで出た意見をその後に皆で共有するようにします。

市街地のCHWはまだ若い人が多く、「おいおい中学生じゃないんだから」と思わされるような態度(講義中のおしゃべりなど)の参加者もいつも少なからずいます。
しかし今回のトレーニングではいつもよりも「参加する」という姿勢が良く見られました。
問題があると、ついつい「全く、こいつらは」と思ってしまうこともあるわけですが、考えてみれば、受講者側がそういう態度を取るのもある種のフィードバックですよね。そういった状態がしばしば起きるのなら、「彼らには、能力ややる気が秘められているはずだ」と信じ、どうやったらより本人たちが「当事者意識」を持てるのか、考え工夫をすることが必要ですね。
ガソリン不足と中古車、バイク
バイク

先週からマニコレ市はガソリン不足です。普段でも高いのですが(最近は大体3レアル=約150円)、現在はガソリン不足で値段が上がり、なんと1リットル5レアル=250円にもなっています。高すぎ!
大体、普段でもガソリンにいろいろ混ぜ物をして分量を増やして売っているので、今なんてさぞかし混ぜ物だらけでは・・・
1軒ちゃんとしたガソリンスタンドがありますが、その他は街角でペットボトルに入れたガソリンを売っています。大体、そういうペットボトルガソリンは混ぜ物だらけという評判です。僕は極力ペットボトルガソリンは買わないようにしているのですが、たまにガス欠などでそこら辺のペットボトルガソリンを入れるととたんに車のキャブレターが詰まることがあります。

ちなみに僕が今使っている車は1989年のシボレーです。17年もの!しかしブラジルでは中古車が高いため(ぼろでも需要があるので)、日本円で25万円以上します。日本だったらタダでも誰ももらってくれなくてお金を払って廃車にしないといけないですよね。当時はまあまあいい車だったらしくエンジンは2000CCのようで、おかげで燃費が悪いです。

そんなわけで、先週、中古のバイクを買いました。Honda Biz100。日本では今でもスーパーカブと呼んでいるのでしょうか?ちょうどブラジル銀行の副支店長が転勤するので売りに出ていたものです。2001年式ですから5年物ですね。これで約10万円。うーん、日本での価格に比べたら高いですよね。でもこれでガソリン代が節約できるからまあいいか。

噂によると次回のガソリン入荷は来週とか。それまでは車のガソリンをバイクに移してやり過ごすしかないかなあ。
検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。