FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院をきれいにしたい!
セナール州の州都シンジャにある、シンジャ教育病院は医療サービスや人材育成の
中核病院です。

イブラヒム病院長は、数年前にJICA専門家の荒木京子さんから5S活動の
指導を受けました。

5Sとは、整理・整頓・清潔などをモットーとする活動です。

その後、日本の聖マリア病院(久留米市)でJICA研修を受け、
いまやイブラヒム医師は、病院内の整理・整頓に自ら先頭を切って
熱心に取り組んでいます。

薬剤部や手術室の整理整頓は当然のことですが、病院の正面に前庭を築き、
芝生を植えました。周りにはゴミ箱をおいて、ゴミを捨てないようにしています。

スーダンの他の多くの病院では、病院の廊下にゴミが溜まっており、
裏庭には注射器が捨てられています。

そういう劣悪な状況と比べると、シンジャ教育病院のきれいさは際立っています。



日本人から学び、日本での研修でそのすばらしさに感動したという
一人の院長先生が、スーダンの病院をきれいにするという大きな挑戦に
果敢に取り組んでいます。


b1_20140331162524242.jpg
緑がきれいな病院の前庭の芝生。地域ボランティアの方が丁寧に清掃をしていました。


b2
病院の薬局の棚は、きれいに整理・整頓されていました。

中村 安秀

▼前回の中村のブログはこちら
http://hands2006.blog46.fc2.com/blog-entry-649.html
スポンサーサイト
スーダン・ナイト
マザーナイル・プロジェクトの最終評価調査の署名式が滞りなくおこなわれた翌日の
2014年3月19日。

ハルツームにあるヨルダン料理店で、スーダン人と日本人のプロジェクト関係者の
打ち上げ夕食会が開かれました。


スーダン保健省の重鎮のアバシ氏、スレイマン氏、タラル氏がわざわざ
駆けつけていただきました。

私、中村をはじめ、HANDSスタッフ(宮家さん、八木さん、清水さん、井上さん)、
現地での活動を支えてくれているナショナル・スタッフが勢ぞろいしました。


野菜たっぷりの前菜が何皿もだされたあと、大皿に鳥肉や牛肉の串焼きが並び
とてもおいしかったです。


当然ですが、生ビールなどのアルコール類はなく、
大男たちもみんな色とりどりのジュースを飲んでいます。


でも、マザーナイル・プロジェクトはユニークですばらしいという賛辞の声に、
アルコールもないのに、少し酔いしれてしまいました。


pic.jpg
スーダン人プロジェクト関係者やスタッフと共に

中村安秀
【スーダンレポート】数字が読めない村落助産師さんも大丈夫
セナール事務所で業務をおこなっている、スーダン担当の池之上(いけのうえ)です。

セナールは、首都のハルツームから南に400キロほどのところにある州の名前です。
最近の州都のシンジャは、朝晩の肌寒さもすっかり影を潜め、いよいよ暑くなってきました。水シャワーもだんだんと暖かく感じることができるようになってきました。

今回は、セナール州で展開している「村落助産師へ知識・技術の継続支援」についてレポートいたします。(プロジェクト全体の概要についてはこちら→http://www.hands.or.jp/pagesj/05_act_develop/sudan.html

毎日、ロカリティ・スーパーバイザー()や州保健局のスタッフと一緒に、村落助産師の知識・技術向上のためにセナール州の津々浦々の病院や保健センターに車で巡回指導に出かけます。
今の時期は、全く雨が降らないため天気の心配は必要ないのですが、片道3時間も未舗装の道を走り続けていると、乗っているだけで体力を使います。
そんな思いもあり、悪路を運転してくれる運転手のカマールさんには、毎日感謝の気持ちでいっぱいです。

各地域のロカリティ(州の下の行政単位)の村落助産師をフォローするヘルスビジター(村落助産師の指導者で、もと看護助産師の人びとです。指導者になるための1年間の追加教育を受けています)のことをロカリティ・スーパーバイザーといいます。


1_20140205121522b68.jpg
道すがら、ラクダや牛、羊、ロバ・・・たくさんの動物たちとすれ違います。   
2_20140205121524e5f.jpg
運転手のカマールさん

続きを読む

【スーダンレポート】オリジナルのお産リストを作って活動する村落助産師さん★
スーダンプロジェクトのブログ更新が随分滞っていましたが、先月おこなった調査活動についてレポートさせていただきます!!

スーダンプロジェクトも早いもので来年の8月には終了します。そこで、プロジェクトの成果を確認するために、セナール州における介入前後の調査結果を比べて、プログラムの効果をはかる調査を実施しています。
効果をはかるにはデータを集めることが大事です。
(プロジェクト全体の概要についてはこちら→http://www.hands.or.jp/pagesj/05_act_develop/sudan.html

今回はデータを集めるために、5人のスタッフを雇用しました。まずはその5人のデータ収集員がきちんとデータを集められるように研修をおこないます。


研修の様子①:ロールプレイでお母さん役と、質問する人にわかれます。他のデータ収集員がそれを見ながら良かった点、改善点を指摘し合います。
1.jpg

続きを読む

スーダンのグルメ情報:飲み物編
前回お話したようにスーダンの朝チャイコーヒーではじまります。



変換 ~ s1 変換 ~ s2

写真のような屋台風のお茶屋さん、もっと小さな路ばたのお茶屋さん、大きなおしゃれカフェなど街中のいたるところにあります。一日何度かあるティータイムはスーダンの人々の生活にささやかな和みとくつろぎを与えてくれているように見えます。

続きを読む

日本人も大好き!スーダンの食べもの
アッサラマレコーム!!

皆さんは、スーダン料理を食べたことがありますか?
日本にはあまりスーダン料理のお店がないので、
スーダンではどんなものが食べられているのか
知らない方も多いのではないでしょうか。

ということで、
今回はスーダンのグルメ情報をご紹介します

*********************************

一日のスタートは、紅茶やコーヒーから。
朝オフィス(※)に着いたら、スタッフは
ミルクティーやコーヒーにたっぷりのお砂糖をいれて飲みます。

↓私はフレッシュ・ミントが入ったミントティーが大好きです
ミントティー

※首都ハルツームの保健省内にあります。



続きを読む

【スーダン】ハルツームのオープンテラス・レストラン
3月7日からスーダン出張中の中村安秀(HANDS代表理事/
スーダン・プロジェクト総括)よりレポートが届きました!

スーダン・プロジェクトの詳細
  http://www.hands.or.jp/pagesj/05_act_develop/sudan.html

=====================================================

ハルツームのレストランの一押しは、オープンテラス・レストランのオゾン。

日中は40度近い猛暑ですが、乾季なので湿度は10%くらい。
むし暑さはなく、夕方になると、木陰にいると心地よい風が吹いてきます。
スーダンでは、イスラムの教えに従い、金曜日は公休日でお休み。
木漏れ日のなかで、カプチーノを飲みながら読書していると
まるで、東京の表参道にいるような雰囲気。
メニューには、アジア風サラダやパスタ、ケーキがずらり。
チョコレート入りクロワッサンやアイスクリームの味は抜群。

続きを読む

検索フォーム
カテゴリ
Archives
Recent Entries
Profile

特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)

Author:特定非営利活動法人HANDS(Health and Development Service)
HANDSは国際的な保健医療協力を通して世界の人びとが自らの健康を守ることができる社会の実現を目指す特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されました(2001年3月2日法人格取得)。活動詳細はHANDSホームページをご覧下さい。

Links
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。